January 09, 2005

 TOTO通信  Posted by KuDo- 

050109.jpg

昔から好きな雑誌、その名も「TOTO通信」。
この雑誌の新春号が、本日届いていました。
これが届くとちょっと嬉しかったりする。
若干仕事に行き詰まっていたので、
ちょうど良いとばかりに、しばし読みふけっていました。(苦笑

今回のメインテーマは「建て売り住宅」。
バブル崩壊後、建て売り各社が個性を強調し始め、
建て売り住宅もその姿を変えてきたように思う。
より個性的な外観。注文住宅にも負けない居住性。
また、その周辺を含めたミニ開発。
それがここ数年、また違ったベクトルに動き始めているようだ。
デザイナーズマンションブームが建築家とのコラボを生み、
それとはまた違った余波で、様々な開発が進められている。

ワタシが思うに、元来建て売り住宅というものは、
いかにコストをかけず利益を得るかに注力されてきた。
大量仕入れや設計の単純化による、画一化された建物の量産というのが、
それまでの建て売り住宅のイメージであったと言っても、過言ではないだろう。
そのことによって同じような建物が町に溢れ、
地域性や街並みといった独自の文化を浸食していく結果となった。
だが、そのこと自体は悪い事ではないと思っている。
そのおかげで、夢のまた夢と思われていたマイホームを皆が手に入れられたのだろうから。


さて、そのTOTO通信ですが、スポットはこんな記事

第3回「京の町家学生設計コンペティション」
051009_2.jpg

こういった京の町屋風な建物は、最近特に好きなんですよ。
建て売り住宅であっても、こういった環境や地域に配慮したフォルムは良いですね。

December 16, 2004

[ 建築物 ]

 [再]アーステクチャー Sub-1  Posted by KuDo- 

takamatsu01.jpg

ということで、D-70持参で行って参りました。
やはりこうして見ると、随分と色気のある建物だなって思う。

実際そのロケーション的には異色で、周囲に馴染んでいるとは到底言えない。
だけど、その存在感たっぷりなフォルムは、
周囲に有無を言わすことなく、その色気をふりまいていた。
曲線部分がこんなにも美しい建物は数少ないと思う。

見た目が奇抜であるが故に、割と敬遠されがちだと思うが、ワタシはとても好きです。
その奇抜さがではなく、この建物の曲線部分が持つ色気が。

高松伸建築設計事務所

投稿者 KuDo- : 09:57 PM | コメント (0)

December 10, 2004

[ 建築物 ]

 アーステクチャー Sub-1  Posted by KuDo- 

041210.jpg

先日、打合せのため某ゲーム会社に向かっていたのですが、地図が荒くてよく分からない・・笑
周囲を気にしながら原付で走っていると、前に見えるは昔建築雑誌でよく見た高松氏の建物ではないか。こういった事があると「あー、都会だなー」って思います(笑

実際にこの建物は非常に記憶に残っておりまして、建物の形状もさることながら、そのプレゼンの為に当時では考えられなかったCGアニメーションを使用したという、ワタシの中で「高松伸イカス」と思えた衝撃の建物だったのです。そのCGアニメーションでは、バーチャルな空間内を高松氏が歩くという、また本人登場というWの衝撃でした。重ねてイカス。(笑

しかしながら、実際にどういった建物でどのように使われているのかは覚えていなかったので

アーステクチャー Sub-1

設 計: 株式会社高松伸建築設計事務所
竣 工:1991年
所在地: 東京都渋谷区上原
地上1階地下4階の事務所ビル

家に帰って、建築雑誌さがしてみます。


前回の時はモブログ程度だったので、次回は是非デジカメ持参で。
来週、再度そのゲーム会社と打合せ予定なので、その時頑張ります。

投稿者 KuDo- : 08:20 PM | コメント (0)